Digital, digital and digital

デジタルについてトッププロファーム勤務の藤谷が書き綴ります。

簿記 - それは馬鹿にする誰もが甚大な損をするサブスキルの大臣 (6/) - 簿記の決定板の教科書が出た

簿記の勉強は人気がない ファームからtech companyに転職して早1年以上経過し、テクノロジーにどっぷりはまりつつも担当する業務はほとんどStratgy workです。それと同時に指導をする後輩の人数が増えています。そんな中で、会計を勉強してくれない後輩に困…

企業戦略論 Jay B Barney - 現場の実務家への最良の戦略書 (2/X)

引き続きBarney3部作を紹介します。実務家の戦略スキル構築への貢献性が非常に高いなと再確認している本です --Barney3部作企業戦略論【上】基本編 競争優位の構築と持続https://amzn.to/33OAjdt企業戦略論【中】事業戦略編 競争優位の構築と持続https://amz…

企業戦略論 Jay B Barney - 現場の実務家への最良の戦略書 (1/X)

最近戦略業務ばかりしています。というか、来年の前半戦くらいまで戦略業務につくことになりそうです。なので本当の基礎の基礎からやり直しています。「速く、精度が高く、(出来れば)疲れない」状態で諸々を進められないだろうかというのが思うところです。…

戦略再考 - Tech firm/事業会社における戦略業務 (2/n)

前回の記事の続きを書いていきます戦略再考 - Tech firm/事業会社における戦略業務 (1/n)http://touya-fujitani.blogspot.com/2020/09/strategy.tech.html事業会社のおける戦略業務の方法論の構築と、従来のStrategyとDigital/DX strategyはまったく別物であ…

世界トップ大学のCS/DS/AI関連のCheat sheatまとめ (*随時更新)

海外大ではCheat sheatというとても他者貢献性の高い習慣があります。日本だとカンニングペーパーみたいに解釈されがちですが、学習内容を1枚にサマリーしたものでそもそも試験にも持ち込み可能だったりします。 これは学習にとても有用なものが多く、有名ど…

東大が無料公開している超良質なPython/Data Science/Cloud教材まとめ (*随時更新)

東京大学がちょっとびっくりするくらいの超良質な教材を無料公開していたので、まとめました Python入門講座東大のPython入門が無料公開されています。scikit-learnといった機械学習関連についても説明されています。ホントいいです Pythonプログラミング入…

戦略再考 - Tech firm/事業会社における戦略業務 (1/n)

戦略業務の方法論の再構築 ファームからテック企業に転職して大分経つのですが、現職で戦略関連の業務に取り組むことが多く、戦略系の本と過去の自分の業務を振り返る様になりました。というのは、戦略業務においてファーム時代とまったく同じ様に実施するわ…

キーポイントシリーズはなぜ分かりやすいか - キーポイント 確率・統計 (1/)

あるいは最も投資対効果の高い数学書:キーポイントシリーズ ぼくはキーポイントシリーズが大変素晴らしいと思っています。 キーポイント確率・統計 https://amzn.to/2H3xvyf 端的に「数学の実用性」に焦点を置いている点がとても好感が持てます。そもそも99…

Shift 濱口秀司 (著) - イノベーションの最高の教科書 (7/)

引き続き、日本人の最高のイノベーターの濱口秀司さんの論文集Shiftについて書いていきます。名著というものは「使い倒す」ことが重要です、そしてそれが名著への最大の敬意だと思います。発売されて結構経ちますけれど、時間を見つけては読み込んでいます。…

Shift 濱口秀司 (著) - イノベーションの最高の教科書 (6/)

引き続き、日本人の最高のイノベーターの濱口秀司さんの論文集Shiftについて書いていきます。名著というものは「使い倒す」ことが重要です、そしてそれが名著への最大の敬意だと思います。発売されて結構経ちますけれど、時間を見つけては読み込んでいます。…

統計 - それは誰もが見逃してしまいがちなサブスキルの参謀 (3/)

引き続き数学スキル、特に統計について書いていきます。サブスキルの参謀ですね参考記事統計 - それは誰もが見逃してしまいがちなサブスキルの参謀 (1/)http://touya-fujitani.blogspot.com/2020/04/stascticsdatascience.html 前回の記事を書いた際に読者の…

関正生さんの英語の説明はなぜわかりやすいか

関正生さんという非常に有名な英語講師の方がいらっしゃいます。ぼくはボランティアで大学受験を教えているのですが、いまの高校生の間で一番人気と言ってもいいみたいです。で、ぼくも何冊か読んで見たのですが、確かにちょっとびっくりするくらい説明がわ…

2020年上半期の新規1軍入り又は不動の地位を固めたサプリメント

2020年も色々サプリメントの開拓をしています。飲みすぎじゃないかとよく突っ込まれますがダルビッシュ有選手も同じような感じなので特に気になりません。必要じゃないものは適せん使用を止めています。 2020年上半期の新規1軍入り又は不動の地位を固めたサ…

あるいはコンサルファームへの内定率を劇的に向上させ得る方法 (就職活動) - 冨山和彦さんの本

冨山 和彦さんと言えば泣く子も黙る企業再生のプロですね。ぼくはあまり後ろ向きな話が苦手かつテクノロジーが絡むことがあまりないので再生案件には関わりが薄いですが、再生案件にはコンサルティングのすべてが詰まっているというのは同意出来ます。そんな…

英語学習 - Speakingという最後の難関を越える(発音) *随時更新中

英語学習における最後の難関Speaking Speakingというのは英語学習における最後の難関です。ホントありとあらゆる場で聞くのは「読む・聞く・書くは出来ますが、話すは出来ません」という台詞です。発音については、ぼくは英会話スクール通うのはまったく以て…

TOEIC満点へ向けてのLast One Mile : Reading part

TOEICのReading partについて書きます。 前回記事TOEIC満点へ向けてのLast One Mile : Listening part https://touya-fujitani.blogspot.com/2019/10/TOEICFullScore.htmlReading Listeningの問題を見ていた時にも思ったのですけれど、TOEICって「状況把握が…

時系列分析の基礎スキル固めの為の名著5冊

諸事情でこれを一気に読み返す。しかしぼくはホントにファームの人間なんだろうかという気がしてくるけど。マーケットが神であり、クライアントと目の前のプロジェクトでのニーズがすべてだからな。なんか代理店の時に頼りになった制作会社の方達がいたがご…

統計 - それは誰もが見逃してしまいがちなサブスキルの参謀 (2/)

引き続き数学スキル、特に統計について書いていきます。サブスキルの参謀ですね。ところでなぜ数学、特に統計を勉強するかについて再確認します。役に立つからです。統計学とは「数字データというものを、どのように分析し、どのような判断を下したらよいか…

英語学習 - TOEIC満点までの英単語学習はこの5冊で十分過ぎる

TOEIC満点までの英単語学習 英単語を学習する必要はないということを声高らかに言う人が結構いるけど、ぼくは英単語は勉強すべきだと考えています。 そもそもセミネイティブ程度まで英語力を高める中で、「英単語を勉強するべきタイミング」というのがきます…

Digital Product Management certification from Boston universityを取得しました

EdxでBoston universityのDigital Product Managementを取得してみたので、何回かに分けて内容を紹介します。 Digital Product Management Boston universityhttps://www.edx.org/micromasters/digital-product-management Boston universityは大体世界ラン…

Product Management with Lean, Agile and System Design Thinkingのcertificationを取得しました (1/4)

EdxでBoston universityのProduct Management with Lean, Agile and System Design ThinkingのCertification取得してみたので、何回かに分けて内容を紹介します。本講義は特に分量が多かったので4回に分けて紹介することを考えています。 Product Management…

Digital Product Management certification from Boston universityを取得しました

EdxでBoston universityのDigital Product Managementを取得してみたので、何回かに分けて内容を紹介します。 Digital Product Management Boston universityhttps://www.edx.org/micromasters/digital-product-management Boston universityは大体世界ラン…

やっぱりクルーグマンの本は最高に面白い - 書評 クルーグマン ミクロ経済学(第2版)

先日、この記事を読んで久しぶりにクルーグマンのことを思い出しました。ノーベル経済学賞のクルーグマン教授「ビットコインは金より有用」https://jp.cointelegraph.com/news/paul-krugman-said-btc-has-more-utility-than-gold記事の中にもある通り、クル…

財務分析の隠れた名著 - 財務デューデリジェンスの実務 PwC

財務分析とは、そしてFDDとは ぼくにとって会計士とは監査をする方ではなく、MAの際にFDDレポートを書いてくれる方である。が、このFDDレポートとはとかく馬鹿にされがちな代物である。特にファンド若手は「会計士が書いたレポートなんて、ビジネスインサイ…

簿記 - それは馬鹿にする誰もが甚大な損をするサブスキルの大臣 (3/)

究極の仕訳集を活用した簿記学習 簿記の学習の進め方の詳細の続きを書いていきます。 --- 簿記学習の全体像 大事なことは、正しい手順を踏めば、学習には本来それほど手間はかからないということです。ステップの全体像は非常にシンプルで、下記2ステップし…

プロフェッショナルのコンディショニング - 史上最高のシャンプー

史上最高のシャンプー 久々にBest buyなプロダクトを見つけました。シャンプーです。長年の試行錯誤と散財の末に、ついに現時点でコスト面含めたあらゆる点から現時点で史上最高と言えるシャンプーについに辿り着きました。この夏を通して3ヶ月検証しました…

複雑な情報構造構造を瞬時に表現する英会話力獲得の為に (3/)

相変わらず英会話力の底上げに取り組んでいます。難しいのは、英語に一切working memoryを取られないということを実現する点です。英語話せますよという方はいらっしゃいますが、working memoryの使用量0ですよと完全に言い切れる方はそんなにいないんじゃな…

サブスクリプション時代におけるGrowth hackerとしてのCustomer Success role (1/)

サブスクリプション系の本で良著に出会いました。カスタマーサクセス――サブスクリプション時代に求められる「顧客の成功」10の原則https://amzn.to/2JAZV47 ちょうど日本においても、カスタマーサクセス職の盛り上がりを感じていたところにもってこいな良著…

英語学習 - TOEIC満点取ってから実務でガリガリ英語を使える様になるまでのギャップを埋める

*「結局の所、実務でガリガリ英語を使えるようになるには海外駐在にいくとか、中期留学をするしかないよ」というのは自分でコントロール出来ない領域なので、それは「そうなったらそうする程度の方法論」でしかないし、個人的には投資対効果が悪いとしか思え…

プロフェッショナルの仕事道具 - Gore texの革靴

ぼくは革靴はGore tex一択。圧倒的な通気性が長時間勤務組には有り難すぎる。大先輩に「高い革靴を丁寧に手入れしながら10年以上履くのが大人の男だ」みたいなことを言われるものですが、もうその定理は違う。この圧倒的通気性はAlways technology wins.を思…